BricsCAD V18 図形の選択

図形の選択方法にはいくつかありますので、その中でよく使用する選択方法を紹介します。

1、1要素づつ選択する。

2、左から右に枠で囲って選択する。

3、右から左に枠で囲って選択する。

画像の説明

●1要素づつ選択する

図形をひとつひとつ選択する方法です。

画像の説明1.図形をカーソルの左ボタンで1つづつ選択します。この時は、必ず図形の上にカーソルを移動し図形が④のように点線状態になった時点でマウスの左ボタンをクリックします。
画像の説明2.デフォルトの設定では、選択する毎に選択図形が増えていきます。これは、設定で選択毎に選択図形を変更することもできます。
画像の説明3.選択を解除したい場合、[shift]キーを押しながら選択すると解除できます。全て解除する場合は[esc]キーをクリックします。

●左から右に枠で囲み選択

図形を枠で囲む場合、左から右に囲むと、完全に枠の中に入っている図形のみ選択できます。選択枠の色も青色になります。円のみを選択する方法です。

画像の説明1.カーソルを円の左側に移動し、円の少し上側の位置でカーソルの左ボタンをクリックします。
画像の説明2.この時、枠は青色で表示され、円の図形が全て含まれる範囲でカーソルを右に移動します。選択したくない図形は一部のみ枠の中にある場合は選択されません。
※この場合、矩形は全てポリラインなので、今の選択範囲で問題ありませんが、全て線分の矩形の場合、左端の矩形の底辺の線分と右端の矩形の上の辺の線分は、選択されてしまいますので、注意してください。
画像の説明3.円のみ選択されます。

●右から左に枠で囲み選択

図形を枠で囲む場合、右から左に囲むと、図形が少しでも枠の中に入っている図形は選択されます。選択枠の色は緑色になります。矩形のみを選択する方法です。

画像の説明1.カーソル全ての図形の右側に移動し、円よりも上にもっていき、カーソルの左ボタンをクリックします。
画像の説明2.この時、枠は緑色で表示され、円の図形にかからないように、矩形の一部が含まれる範囲でカーソルを左に移動します。選択したくない図形は枠の中に一部でも含まれないように選択します。囲む方向は、右上から左下でも、右下から左上でもどちらでも構いません。
画像の説明3.矩形のみ選択されます。

以上

コメント


認証コード0079

コメントは管理者の承認後に表示されます。