BricsCAD V18 寸法線を入力する(モデル空間)

モデル空間に寸法線を入力する方法です。
BricsCADでは、寸法線を入力する場合あらかじめ「寸法スタイル」を設定しておきます。寸法スタイルを設定したら、テンプレートに保存しておきます。
寸法記入コマンドには、長さ寸法、平行寸法、弧長寸法、半径寸法等が用意されています。

画像の説明

・モデル空間に寸法線を入力する場合、寸法値の高さ、矢印記号のサイズ、尺度について注意する必要があります。

寸法線の設定に必要な代表的な名称を記載しておきます。

画像の説明



●寸法スタイル設定

寸法スタイルを「1/1」として寸法スタイルを登録します。
メニューの「ツール」-「図面エクスプローラ」-「寸法スタイル設定」を選択します。

図面エクスプローラの「寸法スタイル設定」が表示されます。

画像の説明

「新規」アイコンをクリックします。「新しい寸法スタイル1」が作成されます。

画像の説明

スタイル名を「1/1」に変更します。

画像の説明

矢印の形状を変更します。矢印欄をクリックし、プルダウンメニューから
「30度開矢印」を選択します。

画像の説明

文字も変更しておきます。
「文字スタイル」欄をクリックし、プルダウンメニューから、文字スタイル設定で設定した
「MS UI ゴシック」を選択します。
 ※寸法線の文字を変更する場合は、あらかじめ、文字スタイル設定で、追加しておきます。

画像の説明

色も変更しておきます。
「文字色」欄をクリックし、プルダウンメニューから、
「Yellow」を選択します。

画像の説明

これで、1/1の設定を終了します。
続いて、今度は、1/10の尺度用の寸法線を設定します。

1/1が選択されている状態で、「新規」アイコンをクリックし、「寸法スタイル名」を
「1/10」に変更してください。
 ※新規にスタイル」を作成する場合、選択しているスタイルの設定を引き継ぎます。

画像の説明

矢印の形状、色などが1/1のスタイルと同じになっています。

画像の説明

最後に「フィット」の項目の「全体尺度」の欄を
「10」に変更しておきます。
全ての項目が10倍の大きさとなり作図されます。
1/5、1/100の尺度の場合は、この「全体尺度」の項目を 5、100と
しておけばOKです。
これで、設定は終了です。図面エクスプローラのダイアログを
「x」をクリックして閉じてください。


●寸法線の入力

まず、現在使用されている寸法スタイルは、ステータスバに表示されています。

画像の説明

寸法スタイルを変更するには、ステータスバーに表示されている寸法スタイルにマウスのカーソルを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。メニューが表示されますので、その中の「1/1」を選択します。

画像の説明

表示が「1/1」に変更され寸法スタイルが変更されます。

画像の説明



・長さ寸法 : メニューの「寸法記入」-「長さ寸法」を選択します。

画像の説明

寸法を作図したい図形の1点目をクリック、反対側の2点目をクリックし、最後に寸法線の高さを指定します。

画像の説明

・直列寸法 : メニューの「寸法記入」-「直列寸法」を選択します。

すると、先程入力した寸法線に続けて入力されます。
直列寸法コマンドは最初に基準となる寸法が必要となりますので、あらかじめ寸法を入力しておきます。
※寸法線が無い場所には、直接「直列寸法」コマンドは使用できません。

画像の説明

・並列寸法 : メニューの「寸法記入」-「並列寸法」を選択します。

ここで、先の入力した最後の寸法線の場所から寸法線の視点が始まる場合や、
平行寸法線の始点が思った位置と違う場合。
コマンドプロンプトに<寸法の始点を選択>:と表示されていることを確認し、
「ENTER」をクリックします。

画像の説明

再度、基準となる寸法線を選択して並列寸法を作図することができます。

画像の説明

コメント


認証コード6590

コメントは管理者の承認後に表示されます。