BricsCAD V18 幾何公差/データムの入力方法

幾何公差とデータムの入力が行えます。

画像の説明

●幾何公差

メニューの[寸法記入]-[幾何公差]を選択します。すると「幾何公差」ダイアログが表示されます。

画像の説明

「幾何公差」ダイアログが表示されます。

画像の説明

最初の「Sym」の枠をクリックすると、「位置度」、「同軸度」、「対照度」、「平行度」などの
公差記号が選択できます。

画像の説明

次の「公差1」、「交差2」の欄には、Φを数値の前に入れるか、入れないか選択します。次の四角枠には
公差の数値を入力します。

画像の説明

最後に「マテリアル条件」を入力できます。

画像の説明

●データム

メニューの[寸法記入]-[幾何公差]を選択します。すると「幾何公差」ダイアログが表示されます。

画像の説明

「幾何公差」ダイアログが表示されます。

画像の説明

データム識別子を枠に入力します。「A」など。
入力できたら、「OK」をクリックして決定します。

画像の説明

配置したい場所をクリックして配置します。

画像の説明

ラインを付ける場合は、寸法線スタイルをデータム用に変更し、コマンドラインに「QLEADER」と入力して「ENTER」キーをクリック。
1点目と2点目を指示。「ENTER」、「ENTER」、「ENTER」をクリックして終了します。

画像の説明

入力が完了します。

画像の説明

コメント


認証コード7530

コメントは管理者の承認後に表示されます。