BricsCAD V19New

[前の画面]へ戻る 

PDF→DWG変換(PDFIUMエンジン)

PDFから幾何学要素を読込みます。
pdfデータを読み込みベクトルデータとして編集でき、DWGデータとして保存できます。



画像の説明



適応グリッドスナップ

マニピュレータ使用時に図形の表示拡大率に合わせて、寸法ゲージを表示し図形を細かく編集できます。



画像の説明


ブロック化

同形状の図形を自動的に検出し、ブロック化することができます。
多数ある図形の1つをブロック化することにより、その他の同形状の図形を自動的にブロック化することができます。


画像の説明


ブロック編集

ブロック図形の編集を一時ファイル上で行い、編集内容を図面に反映できます。
ブロックをダブルクリックで簡単に編集し、編集内容を図面に反映することができます。



画像の説明


データリンク

Excelシートの範囲を表に読込み、リンクを保持します。



画像の説明


寸法

1つの寸法コマンドで図形タイプに合わせ自動的に、適切な寸法線を作図することができます。
プロンプトメニューで簡単に切替できます。



画像の説明


最短距離

2つの図形を選択することにより、自動的に最短距離を表示し編集することができます。



画像の説明


パラメトリック化

3Dソリッドに自動で3D拘束を行い、パラメータを追加します。



画像の説明



設定

初期値でない設定をユーザー定義カラーで表示します。
設定をマウスホバーして初期値を表示します。
右クリックで初期値にリセットできます。
フィルタリング機能
図面比較で設定の比較



画像の説明



■BricsCAD BIM新機能

クイック作図

簡単なマウス操作で、矩形とL字形を作画し、概念設計します。
あらかじめ部屋の高さ、壁の幅、スラブの厚さを指定しておくことにより、
簡単に部屋のイメージを作図することができます。



画像の説明


カーテンウォール

自由曲面(サーフェス)からカーテンウォールを作成します。



画像の説明


伝播

既存のBIMSUGGESTコマンドを大幅に改訂し、非常に汎用性の高い詳細伝播ツールに拡張しました。





グリッド

矩形/放射状のグリッドを作成します。(自動ラベリング)
グリッドとラベルは、2D図面上に生成されます。



画像の説明


敷地モデリングツール

地形モデルをインポートします。(点ファイル、図形データ、Civil3D、サーフェス)
修正(追加/削除) 境界線、ブレークライン、点





空調設備モデリングツール

HVACプロファイルライブラリ
配管用機能追加:ベンド、レデューサ、T字接続、フロー端子と接続ポイント、接続アルゴリズム
   


画像の説明


■BricsCAD Mechanical


関連付け板金展開

  板金展開後のソリッドと展開前のソリッドがリアルタイムに連動します。





展開表示

分解図の作成、閲覧、編集ができます。



画像の説明



パラメトリック部品ライブラリ

標準部品ライブラリを再構築しました。
パラメトリック部品、パラメトリックな穴のライブラリを追加しました。
ユーザー定義が可能なパラメトリック部品ライブラリです。



画像の説明



パラメトリック配列

パラメトリックコンポーネントの関連付け配列が可能になりました。
メカニカルブラウザで管理します。









a:15562 y:67 t:12