BricsCADの特徴

 BricsCADはAutoCAD互換No1の強力なCADソフトウェアで、高度な2Dツールと
インテリジェント3Dダイレクトモデリングにより、ネイティブdwgの使い慣れた機能一式を統合します。

「押し出し」「回転体」「スウィープ(軌道と断面)」で簡単に形状を作成できます。
非常に競争力のあるCAD価格でご提供しており、WindowsとMac、Linux上で動作するコストパフォーマンスの優れたCADです。

※V15よりすべてのOSのBricsCADが使用できる様になりました。ただし、Linux版、Mac版は英語版となります。

画像の説明

BricsCAD専用の「BJ変換JW・SXF」がリリースされました。これにより、JWCADのデータを変換し、取り込んだり、出力したりすることができます。
また、SXFのファーマットも出力することが出来る様になりました。詳しくは「BJ変換JW・SXF」のページにてご覧ください。


BricsCADとは

 BricsCADは「.dwg」ファイルを扱う CADです。永久ライセンスで使用することができます。
BricsCADの開発元の情報、製品の特長などの内容はこちらを

画像の説明







BricsCADの機能一覧

 BricsCADは、様々な機能を用意しております。BIM、板金、3Dモデリング、2D拘束、3D拘束機能等


画像の説明


詳しくは機能一覧をご覧ください >


BricsCADのバージョン比較

 BricsCADのバージョンごとの機能比較

画像の説明






3D機能の違いに関して


機能ClassicProPlatinum
ヒストリーベースの3Dモデリング閲覧閲覧モデリング、編集、
閲覧
3Dアセンブリと部品表閲覧閲覧モデリング、編集、
閲覧
ACIS 3Dソリッドモデリング閲覧モデリング、編集、
閲覧
モデリング、編集、
閲覧
ダイレクト3Dモデリング閲覧モデリング、編集、
閲覧
モデリング、編集、
閲覧
レンダリング利用不可利用可利用可
プログラミングLISP, TXLISP, TX, BRX, VBA, .NetLISP, TX, BRX, VBA, .Net



BricsCAD vs AutoCAD

 BricsCADは、AutoCADと同等の機能を取り揃え、BricsCAD独自の機能も追加しております。
また、BricsCAD Classic においてもLISPにて開発が可能です。今からは、100%以上使いこなすCADとして、BricsCADをお勧めいたします。


画像の説明


その他、ファイル関連機能、インターフェイス関連機能、選択、スナップとトラック関連機能、3D関連機能、
メカニカル関連、板金、BIM、寸法関連、文字関連、ハッチング関連、ラスターイメージ関連、その他、印刷関連、プログラミング関連等の比較をご覧ください。
さらに詳しく >



BricsCAD書籍

 AutoCADを使用したことが無い方などを対象として、BricsCADの基本操作を説明しています。
BricsCADの操作は、ほとんどAutoCADと同じです。しかし、AutoCADの操作をしたことが無い方は、
基本の習得に役立ちます。


画像の説明


基本操作をしっかりと覚えるには、必見の書です。
さらに詳しく >


BricsCAD用電気設計アプリケーション

BJ-Electrical

 BricsCAD、AutoCAD用電気設計専用アプリケーションです。
電気シンボルを用意していますので、すぐにお使いいただけます。
電気シンボル入力、シンボル間配線自動カット、線番入力等、BricsCADに電気コマンドを追加します。


画像の説明


機械図面、電気図面を作成される方には強い味方です。
さらに詳しく


BricsCAD購入サイト

 AutoCAD互換のBricsCAD 永年ライセンスで販売中です。
全てのグレードでLISPが使用でき、効率化できます。


Bricscad購入サイト




BricsCADの購入はこちら。
KBC Shopへ >


KBCTOOL2(LISP)

 BricsCADを効率よく使用する為のLISPTOOLです。
60個のコマンドと7個の設定コマンドを用意しております。


KBCtool2紹介サイト


KBCTOOL2の機能紹介はこちらです。
さらに詳しく >